DAISHIN × SDGs
TOP MESSAGE

私たちの理念とSDGsを重ね
「持続可能な成長」へ挑む。

石坪社長

世界では、地球環境や社会の持続可能性(サステナビリティ)を脅かす様々な課題が顕在化しています。2015年には「SDGs(持続可能な開発目標)」、「パリ協定(COP22)」が採択され、企業は従来にも増して地球環境や社会の持続可能性に対する取り組みが求められています。

昭和26年に設立した当社は、2つの事業(印刷事業と包装事業)を通して、70年余にわたり、時代に応じたものづくりを追求してきました。「従業員満足(ES)と顧客満足(CS)の向上、及び、雇用創出と人の育成を通じた地域社会への貢献。」という経営理念を実現するために、事業活動を推進して参りました当社にとって、SDGsの考え方は企業として目指す目標に合致いたします。設立から70年以上を経た今、さらなる未来を見据えるために取り組むべきものと考えています。SDGsへの取り組みは、2030年に向けた世界共通のGOALではありますが、当社にとっても大きな転換となるチャンスだと捉えています。

この先、100年企業を目指し、持続可能な社会とともに歩み続け、社会から選ばれる企業を目指して行きます。そして未来を自分たちで切り拓いて進みたいと考えています。

SDGsには17の目標がありますが、まずは当社が目標にするのは10個です。健康で安全安心な職場環境をつくる目標、多様な人材の活躍推進の目標、事業を通じての地域環境への貢献の目標等、3つの分野に分け選定しました。

2030年SDGsの目標達成、そこに向かって株式会社大伸は成長、貢献できる活動をこれからも続けて行きます。

代表取締役社長
石 坪 浩 一

SDGsとは
持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載され、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

SDGsポスター

...

DAISHIN × SDGs
当社が、SDGsに取り組む目的は、下記の3つです。
目的① 経営理念を実現するため、SDGsに取り組み持続可能な経営戦略を構築し、100年企業を目指す
目的② SDGsの課題解決に取り組み、経営リスクの回避、地域社会への貢献度並びに信頼性を高める
目的③ 財産である従業員の従業員満足(ES)を高め、モラル意識とモチベーションを向上させる

SDGsポスター

優先課題① 健康で安全・安心な職場環境づくり
働き方改革への対応、就労環境の整備に注力し、従業員満足(ES)を高め、モチベーション向上の施策を推進する
○経済産業省が推進する健康経営優良法人認定の継続
○コンプライアンスの徹底
3

目標3 すべての人に健康と福祉を

当社は、健康経営への継続的な取り組みを行います。具体的には、従業員の病気やメンタルヘルス面の不調を防ぐとともに、心の健康への対策も行います。現在まで、健康経営優良法人(2020年、2021年)に認定されていますが、内容を充実させ継続して取り組む事といたします。又、健康に関する正しい知識、ストレスやメンタルヘルスに関する正しい知識を習得するための研修・教育を充実させます。

5

目標5 ジェンダー平等を実現しよう

当社は早くから男女同等の賃金体系を構築し、男女問わず正当な能力評価によって処遇条件を改定してきました。今後も人材の確保と養成を行うためダイバーシティを推進します。又、セクシャルハラスメント・パワーハラスメントなどの人権侵害を予防するための具体的な措置にも取り組みます。

8

目標8 働きがいも 経済成長も

一人ひとりが働きがいを持てる労働環境を作り、男女問わずすべての従業員が働きがいのある仕事に就けるよう取り組みます。
2021年4月から同一労働同一賃金を完全実施しましたが、労働基準法をはじめとする法律の改定に順応し、コンプライアンスを徹底します。
すべての従業員に対して、安心して仕事に取り組める環境の整備や、各種能力開発の機会を提供するなどして、やりがいを持てる職場づくりを推進します。

10

目標10 人や国の不平等をなくそう

当社においては、差別のない公正な採用や公平な労働環境の実現に取り組んでいます。各種法律の主旨を鑑み、例えば育児・介護休業等の取得が、その後のキャリアに影響を与えないよう、人事政策として取り組み、あくまで従業員の評価や処遇は能力と実績をもとに、公正・公平に行うこととしています。また、年齢や性別、国籍の違いで処遇を変えない、差別をしない労働環境を構築するよう取り組んでいます。
優先課題② 多様な人材の活躍推進
生産性向上の為、従業員への教育(技術、モラル等)を強化・推進する
○規範書「私たちが心得る行動の手引き」の浸透
○自主保全技術の教育推進
4

目標4 質の高い教育をみんなに

印刷紙工事業部(印刷技術・印刷営業スキル)、包装事業部(充填包装機械オペレーション技術、品質向上・包装検品技術)に於ける、OJT、Off-JTによる職種ごとのボトムアップと必要な資格取得への支援に取り組みます。
経営層・従業員問わず遵守すべき規範書「私たちが心得る行動の手引き」の浸透に取り組むとともに、絶えずモラルの向上・維持に取り組みます。
事業部を問わず、操作機械の自主保全技術の習得・熟練の為の教育を推進します。

8

目標8 働きがいも 経済成長も

一人ひとりが働きがいを持てる労働環境を作り、男女問わずすべての従業員が働きがいのある仕事に就けるよう取り組みます。
2021年4月から同一労働同一賃金を完全実施したが、労働基準法をはじめとする法律の改定に順応し、コンプライアンスを遵守します。
すべての従業員に対して、安心して仕事に取り組める環境の整備や、各種能力開発の機会を提供するなどして、やりがいを持てる職場づくりを推進します。
優先課題③ 事業を通じての地域環境への貢献
地域社会や環境保護に貢献し、社会的信用を高める
○印刷紙工事業部に於ける非木材紙使用推進
○省エネの推進
7

目標7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに

使用量
  • エネルギー使用量(購入電力(新エネルギーを除く)、化石燃料)を把握・報告し、更なる削減に取り組みます。印刷工場では使用量の上限(デマンド値設定)を定めています。
節電
  • 事務室、工場等の照明は、昼休み、残業時等不必要な時の消灯を徹底します。
  • 夏季における軽装(クールビズ)、冬季における重ね着等服装の工夫(ウォームビズ)の徹底で、更に冷暖房の使用を抑えます。
適正管理
  • 照明器具・空調機フィルターの定期的な清掃、交換を行う等、適正管理を徹底します。
省エネ
  • LED照明機器、社用車のハイブリッド車・EV車等環境対応型車への切替えを促進します。

11

目標11 住み続けられるまちづくりを

廃棄物の適正処理(法令遵守)
  • 廃棄物管理票(マニフェスト)をもとに廃棄物の適正な処理を継続します。
  • 事業における廃棄物の処理を適法に行います。

12

目標12 つくる責任 つかう責任

省資源(循環型社会を目指します)
  • 当社は、事務所で発生する一般廃棄物を分別回収することで、排出物の再資源化に努めています。特に発生頻度の高いコピー用紙については、両面コピーの実施(発生抑制:Reduce)、裏紙印刷の実施(再使用:Reuse)に努めています。また、新聞・雑誌・ダンボール・ その他の古紙類は、古紙回収事業者へ回収委託(再利用:Recycle)しており、古紙リサイクル率100%に向けて取り組んでいます。
  • 消耗品は、環境に配慮した製品を優先購入するグリーン調達を推進していきます。
  • 印刷工場に於ける、使用済み印刷用紙の試し刷りのための再利用を徹底します。その後、リサイクルいたします。

13

目標13 気候変動に具体的な対策を

排気ガス
  • 社用車について、ハイブリッド車・EV車等環境対応型車への切替えを促進します。
  • 共用自転車を導入して、近距離の用務には自転車を利用することを徹底します。

15

目標15 陸の豊かさも守ろう

資源利用
  • 印刷紙工事業部に於ける非木材紙の情報収集・検討とその製品販売について重点的に取り組みます。
  • 調達する原材料について、認証品(森林認証、漁業認証等)の活用を推進します。